// 雑記 2014年06月 "); } }

雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[AppleScript][Illustrator] 保存したバージョンで開く

あ、このファイルCS5だったのか!
Illustratorは現在開いているバージョンでファイルを開いてしまうため、こんなウッカリをしがちです。
そこで、保存したバージョンのIllustratorで開くAppleScriptを書いてみました。
(誰かが書いてたような気がしないでもないのですが……)

CCからの下位バージョン保存は保存情報がCCのままですので、CCで開いてしまいます。
CCからCS6以外は保存バージョンで開きます。
CS6以前からの下位バージョン保存は指定のバージョンで開くようです。
(全てのバージョンで確認したわけではないです)


Exiftoolです。
リンク先からダウンロード&インストールしてください。


アプリケーションにDrag&Dropするか、予め『.ai』ファイルをver_openで開くように情報ウィンドウで設定すれば、ファイルのダブルクリックで保存したバージョンで開くと思います。

CC〜CS3まで対応しています。


ver_open.zip


2014-06-17 v0.1 とりあえず版

2014-06-17 v0.2 v5.1の追加。quoted form 追加

最終保存バージョンで開くScript

CCCS3に対応。

Exiftool http://www.sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/

*)

on run

my main(afile)

end run


on
open theList

repeat with afile in theList

my main(afile)

end repeat

end open

on main(afile)

set afile to afile as alias

set posix_aFile to POSIX path of afile

set shellcmd to "ExifTool -T -Creator " & quoted form of posix_aFile --creatorバージョン取得

set ver_str to do shell script shellcmd

set ver to my get_ver(ver_str) --バージョン取得

my opne_file(afile, ver) --取得バージョンで開く

end main

on get_ver(ver_str)

set cc to 17

set cs6 to 16

set cs51 to 15.1

set cs5 to 15

set cs4 to 14

set cs3 to 13

if (offset of cc in ver_str) is not 0 then

--display dialog "CC"

return "cc"

else if (offset of cs6 in ver_str) is not 0 then

--display dialog "CS6"

return "cs6"

else if (offset of cs51 in ver_str) is not 0 then

--display dialog "CS5.1"

return "cs5.1"

else if (offset of cs5 in ver_str) is not 0 then

--display dialog "CS5"

return "cs5"

else if (offset of cs4 in ver_str) is not 0 then

--display dialog "CS4"

return "cs4"

else if (offset of cs3 in ver_str) is not 0 then

--display dialog "CS3"

return "cs3"

else

return "none"

end if

end get_ver

on opne_file(afile, ver)

if ver is not "none" then

try

set open_app to (path to applications folder as Unicode text) & "Adobe Illustrator " & ver & ":Adobe Illustrator.app"

tell application open_app

activate

open (afile as alias)

end tell

on error

display dialog "ver." & ver & " はこのMacにはインストールされていないようです" buttons " OK " default button 1 giving up after 3

end try

end if





ムムム……
色がつかなくなってしまった……

(もうちょっとすっきり書けそうな気がする…)


スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[Adobe Illustrator] 保存するとトラッキングの設定値が1つ戻る!

 以前Twitterで既出?と確認した所カレーにスルーされたので既出なんだ…と思っていたのですが、先日DTPerと集まった際に聞いてみたら、誰も知らなかったのでブログに書いておく事にします。

何が起こったのか…

現在確認しているバージョンはCS4〜CC
OSはMacなのですが、Windowsでも起こるようです。

ポイントテキスト、エリアテキストで選択範囲に対し、ショートカットでトラッキングを行い、保存。
すると、トラッキングが1つ戻って保存されてしまいます。

動画を参照してください。





回避方法ですが、保存前に一度選択範囲を解除する等他の作業をすれば回避できます。

それにしても困った仕様ですね……

テーマ:アプリケーションソフト - ジャンル:コンピュータ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。