// 雑記 [Adobe Photoshop] 特定色域の選択 その1 "); } }

雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Adobe Photoshop] 特定色域の選択 その1

色調補正の王道、トーンカーブに続く特定色域の選択ですが、長い事使っている割にはオプションの絶対値・相対値の違いがよくわかっていません。もっとも、某大家も「よくわからない。適当……」という事なので、あまり気にする事もないのかもしれませんね(笑

で、終わると元も子もないので少し考察しましょう。
長くなったので数回に分けようと思います。また検証データもダウンロードできるようにしたいと思います。

さて、Adobeのサイトのヘルプに「相対値・絶対値」のオプションの説明があります。(ページの最下部までスクロールしてください)

相対値 既存のシアン、マゼンタ、イエロー、またはブラックの含有量を全体に対する比率で指定して変更できます。例えば、マゼンタを 50%含むピクセルに 10%を追加すると、全体のマゼンタインキの含有率は 5%が追加された 55%となります。これは、50%の 10%は 5%だからです。このオプションでは、カラーコンポーネントを含まない純粋な反射色のホワイトは調整できません。

絶対値 カラーを絶対値で調整できます。例えば、マゼンタ 50%のピクセルに 10%を追加すると、全体のマゼンタインキの含有率は 60%に設定されます。


と、あります。が……

さて、今回使うサンプル画像はCMYKモード、M0→M100までのグラデーションと、10%ずつステップを刻んだものを用意しました。(掲載画像は全てweb用にRGBに変換してあります)





特定色域の選択で行う、補正値はマゼンタの色域にM+20%、オプションは絶対値で行います。




試しに4箇所程ポイントしてみました。
説明によればそれぞれ、40%、60%、80%、100%になるはず……






(・_・?) アレ?

20→24(+4%)
40→48(+8%)
60→72(+12%)
80→96(+16%)


まったく+20%に届きませんし、よく見ると
20+20×20%=24
40+40×20%=48
60+60×20%=72
80+80×20%=96
と、なりこれは相対値の説明にある計算式ですね。
ちにみに90→100(110)にはなりません。99%となり、100%は超えないようです。
もっとも網は潰れますけどね……。


Adobeのヘルプをはじめ、特定色域の選択の説明を検索するとこういった記載は見つけられなかったので、私のPhotoshopがおかしいのかしら……。


次回はもっと詳細なデータで検証したいと思いますが、今回の検証が前提になっているので、それが間違っているようでしたら教えてください!

テーマ:アプリケーションソフト - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://md5500.blog.fc2.com/tb.php/15-9f2cbbd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。