// 雑記 [AppleScript][Illustrator]アウトライン時の留意点 "); } }

雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[AppleScript][Illustrator]アウトライン時の留意点

AppleScriptでアウトライン化するには

convert to paths (every text frame)(loopさせなくても一括でアウトライン化できます)

を使いますが、留意すべき点があります。

効果」の「形状に変換」を使用している場合、「アピアランス分割」の前にアウトライン化してしまうと「形状に変換」で設定した形状が崩れてしまいます。

img09_01.jpg
わかりにくいかもしれませんが囲み罫が小さくなり、テキストの位置が下にずれています。
(データ的には囲み罫が上に上がっていますが……)


そして、「アピアランス分割」後に「convert to paths」すると線に設定した「スタライズ」の「ぼかし」が無効化されてしまい、ただのふちになってしまいます。

アピアランス分割」前ならぼかしが維持されたままアウトライン化されます。

img09_02.jpg


回避方法は見つけられなかったのでGUI Scriptで処理しています。

昨今はPDF入稿が増えていますのでアピアランス分割やアウトライン化もしなくなっているかもしれませんがご留意ください。


CS3、5、6で確認済み



目立たなかったので事故にはなりませんでしたが、これで納品してしまった事が……。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://md5500.blog.fc2.com/tb.php/9-fa8b3001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。